2015年08月24日

膝の痛みを治したい!

私の、
膝の痛み体験を綴ることにより、実際に苦しんでいる方のもとに、
このメッセージが届くようにと願っております。

私の場合、2年半余り膝に水がたまり、痛みに苦しんでおりました。
水がたまる前は長いこと両膝が痛んでおりました。5年以上です。その前はときどき痛んでも痛まない日もありました。

その状態がつづき、水がたまり痛みもひどくなってきました。かかりつけのクリニックにも通っていました。

主治医は、水を抜いても根本が良くならないと、また抜くようになる、と。

しかし、ストレッチとかトレーニングにはふれませんでした。

これは自らさがしてやるしかない、と思って、このトレーニング法をネット上で知ったのです。

こんなにも簡単なトレーニングで改善するとは思いませんでしたが、
最初の一か月、こんなことでほんとうに水も引き良くなるのかなあ、というのが正直な気持ちでした。
でも、実践を続けた結果、良い結果を見ることが出来ました。

このトレーニングが適している病気は、
@変形性膝関節症
Aランナー膝(腸脛靭帯炎)
B鵞足炎(がそくえん)
C膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)
Dオスグット病
E半月板損傷
F靭帯損傷
G膝の裏の痛み
などです。

※該当すると思われる方は、以下のリンク先で確認してみてください。
★1日10分から始める、膝の痛み自宅トレーニング法とは?

スポンサードリンク
posted by カメ at 10:48 | 関節の痛み

2015年07月04日

膝の痛み 姿勢

膝が痛む、膝の裏に水がたまっている、
というのが私の症状です。

サプリメントだけ飲んでいてもなかなか改善されないかもしれませんね。

やはり、長年の膝の使い方、というか、
若いころは、そうしたことを意識することは稀でした。

というのは、
私は、高校生のとき卓球クラブにしばらく所属していて、
あの、うさぎ跳びの姿勢で、石段を上ったことがありました。

それは、3か月もつづきませんでしたし、毎日のことではないので、
それは影響していないと思いますが、
それから30年近くたってから、そのトレーニングは膝に良くない、
というニュースを聴きましたね。

確かに、病院でも、
スポーツ整形、という科があり、スポーツで身体のある部分を使いすぎたことで、
故障してしまった人たちを治療しているわけですね。

私の場合は、悪い姿勢だった、ということが分かりました。
小さい頃からの習慣で、不自然な足の使い方をしていたことが分かりました。
О脚で、アンバランスな歩き方、使い方をしていたんですね。

要するに、身体全体の姿勢が悪いのに加えて偏った力の掛け方をしていた。

それで、
頚椎、腰椎、両足、とそれぞれ痛む所が出てきたわけですね。

腰痛はずっと若いころからあったように記憶しています。

それで、先ず姿勢から治していくように、
下記のものを参考に実践しています。

膝の悩みがある方は、とても参考になると思います。
興味がある方は、立ち寄ってみてくださいね。
では。
★1日10分から始める、膝の痛み自宅トレーニング法とは?


タグ:膝の悩み
スポンサードリンク
posted by カメ at 15:39 | 関節の痛み

2015年06月24日

膝の痛みばかりでなく

関節の痛みばかりでなく、

人の体の病を治療するのには、さまざまな要素が関係している、
ということを思いますね。

「がんに効く仮説を突き止めた」
ケリー・ターナー(腫瘍内科学 研究者)

のことを記事で読み、
確かにそうしたことがある、と思っています。

博士は、
「がんの余命宣告から劇的に治った事例を調査」した結果、
在る習慣が影響していることを突き止めた。

世界10か国に出向き、驚きの生還を遂げたがん患者にインタビューした。

そこには、共通している9の項目があったという。
@抜本的に食事を変える。
A治療法は自分で決める。
B直観に従う。
Cハーブとサプリメントの力を借りる。
D抑圧された感情を解き放つ。
Eより前向きに生きる。
F周囲の人の支えを受け入れる。
G自分の魂と深くつながる。
Hどうしても生きたい理由を持つ。

博士のこのまとめは、人のすべての病に共通しているのではないか、
と、思うのです。


タグ:病気の治療
スポンサードリンク
posted by カメ at 08:00 | 関節の痛み

2015年06月12日

膝の痛みに効果的なあり方は・・

膝の痛み、というと、

グルコサミン&コンドロイチン、の名が飛び込んできますね。

◆成分:
グルコサミン(カニ・エビ由来)、鮫の軟骨抽出物(コンドロイチン含有)、ショウガ末、ヒアルロン酸、鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン含有)、デキストリン、セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、糖転移ビタミンP、シェラック(原料の一部にカニ、エビ、鶏を含む)

といった具合です。

しかし、
これを飲み続けても、肝心の骨の周りの筋力をつけなければ、
強化されないから、改善が進まないのではないでしょうか。

やはり、適切なストレッチや定期的なウォーキングをしなければ、
持続しないと思いますね。

7年ほど前、
否、たまに痛みを覚えたのは、もっと前からだったかもしれません。
膝ばかりではなく、
股関節もたまに痛んでいたと、今になって思いますね。

忘れようとして、忘れていたんだと思います。
そのころから、
グルコサミン、コンドロイチンは、
テレビとかでもコマーシャルが打たれていたと思いますね。

でも、これって
トータルバランスですね。
サプリメントの効果が現れるのも、
そうした努力があってのことだと思っています。

それで、いろいろ調べているんです。

スポンサードリンク
posted by カメ at 17:03 | 関節の痛み
スポンサードリンク